FC2ブログ
 
■プロフィール

 さきさ れね

Author: さきさ れね
[2010/12/26]から ブログを開始
[2010/12/29](冬コミ)から
個人サークル「ロケット★えんぴつ」
での活動開始。性別は♂ 埼玉在住。

Twitter @Sakisarene

Copyright(C)2005- Sakisa All Rights
Reserved.

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
C80 お疲れさまでした
 コミケお疲れさまでした。

 3日目に「ロケット★えんぴつ」のブースにお立ち寄り頂いた方、
 本当にありがとうございました。

 暑いなか、お目当ての本や掘り出し物には
 出逢えましたでしょうか。

 こちらも新たな交流の場として、物書きさんや絵師さんと
 出逢うことができ、良く創作文芸のところに寄られるという
 数名の一般参加の方から、貴重なアドバイスなども頂きました。

 まだまだ、未熟の部分は多くあると思います。
 それが認識できた時点で改善されるものならいいですが、
 そうでない場合は、時間がかかってしまうかもしれません。

 頑張ります。
 応援して下さい。

 自分にない物を吸収して、今の自分にしかできないものを作る。

 「面白い」ではなく、「面白そう」の段階から積極的に動き出し、
 形にしていけるだけの「チャレンジ精神」と「行動力」を持つ。

 それが今のところの、
 私の個人サークル「ロケット★えんぴつ」で
 大切にしていきたいところです。

 次は冬コミ(C81)にまた
 ジャンル「創作文芸」で出たいと思っています。

 今回の「*君に降りつもる感情*」と、
 安めの物を出せたらと思っています。

 たまには
「お前、馬鹿だろ? でも、そんなお前も好きだ!」と、
 言われるようなネタもやってみたいのですけれどね。

 どうなることやら!



スポンサーサイト
【雑記】 | 22:33:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
C80 新刊情報
 14日 東(5)ピ 48a

  サークル「ロケット★えんぴつ」



 新刊「*君に降りつもる感情*」
       きみに  ふりつもる       かんじょう ぷらすぷらす

     著者 さきさ れね

   イラスト 水無月 龍那



 新刊(表紙) クリックで拡大
表紙


      文章 A 縦書き2段

      本編68頁 500円



      ※ C79の購入特典のしおりか、

     そのときの、未完結版の同人誌の方を

     お持ち頂くと、200円引きの300円
     
     となります





 ぜひ会場で、実際にお手に取ってご覧下さい!




 どんな作品かと申しますと、 


 新刊(裏表紙) クリックで拡大
裏表紙

 これでもう、バッチリだね!(?) 

 サブタイトル 紹介            
 「男子トイレと水飲み場」「赤羽さんからの頼まれごと」「アルパカの正体」
 「降りゆく声」「心の架け橋」「今から俺、セクハラします」「白衣の大森先生」
 「涙の真実メール」「二度あることは、三度ある」「オリエント少女とアルパカ少女」
 「君に降りつもる感情」「二人ぼっちから、二人きりに」「親友の言葉」
 「擬似彼女」 ――の、計14話 
 
 +「執筆者紹介」「奥づけ」

  ※ これ1冊で完結しています
    増刷・続編などの予定はありません


 俺が気がつけば寄せていた感情は、

 「あのときのあの景色」に、似ていた。



 主人公、三園宏人(みその・ひろと)が送る

初めて人と向き合う物語


 「*君に降りつもる感情*」



 今年の夏コミは暑くなりそうなので、くれぐれもお気をつけて。

 いつもより時間をかけて、心を込めて丁寧に描いた新刊をご用意して
 お待ちしております。       さきさ れね 2011/08/10




【お知らせ】 | 19:00:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
衝動買いの話

 たまに本屋で、漫画やら小説やらを衝動買いをすることがある。

 そのときは「自分に足りないもの」やら「全く系統が違うジャンル」を、
感じられる本を選ぶので、買って後悔することは、なかなかないという
ちょっとお得な人間だったりする。

 いつか気づくとしても、いついつになるという保証はない。
 今、それを知ることにお金を使ったと思えば、安くはないかもしれない
けれど、高すぎるってことは、なかなかないはずだと思う。

 今回買ったとある本は、ある意味、自分がやりたかったことに
近かったものかもしれない。

 もう少し早く出逢っていれば、もっと良くなっていたかもしれない。
と、思いつつも、もしかしたら、どうやっても無意識に参考にしてしまい、
「パクリじゃん!」スランプに陥っていたのでないかとも思う。
 
 たまに、世界の半分は「タイミング」で、できているんじゃないかと思う。
 人との出会いもそうだし、多くの物が時間に捕らわれているからこそ、
タイミングもそれに関わっている。

 真面目な話のようで、実はどうでもいい話でした。 

 

 

【雑記】 | 00:00:33 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。